ESSC募集受付ページ

Extremely Short Story Competition

ESSC 50ワードで英文エッセイを書いてみよう!

応募方法

応募フォーム内「ワード数カウント用ツール」にて、50ワードになっていることを確認した後、必要事項を記入し送信してください。

先生方と保護者の方々へのお願い

ESSCは、決められたワード数で一つの英文作品を書くことで、英語の表現力や発信力を身に付けるねらいもあります。オリジナル作品を尊重するため、応募作品を添削することはお控えいただきますよう、お願いいたします。

応募要項

募集期間 第2回ESSC募集期間:2022年4月1日~5月31日
応募資格 どなたでも応募できます。また、おひとりで複数の作品を応募することができます。
応募方法 こちらの専用ページからご応募ください。
受賞作品発表 2022年7月1日に当協会のHPにて発表します。
ピーター・ハッサル賞 (Amazonギフト券5千円)
協会賞 (Amazonギフト券5千円)
特別賞 (Amazonギフト券3千円)
応募の際の注意事項 応募作品、タイトル、ペンネームは英語で入力してください。
応募作品や審査結果に関する個別のお問合せには回答いたしかねます。
応募いただいた作品は本協会のHPおよび書籍などに掲載させていただくことがございますのであらかじめご了承ください。

※ (1) 応募作品のタイトル、本文は、英語で書いて下さい。
※ (2) 応募作品、審査結果などについての問い合わせには応じられません。
※ (3) 他者の作品、他者のアイデアに基づく作品、他者のアイデア、文学作品、歌詞などを翻訳した作品、盗作などは
     応募作品として受け付けません。
※ (4) 受賞者の作品をESSC公式ホームページなどで公表させていただきます。
     また、受賞作品を雑誌などのメディアで公表させていただく場合もあります。あらかじめご了承ください。

ESSCに関するFAQ

どんな内容のものを書けばいいのですか?
テーマに沿っていれば内容は自由です。日頃思っていること、思い出、つぶやき、感想、メッセージ、主張など、何でもありです。
英文エッセーを書くのですか? それともショートストーリーですか?
英文のスタイルやジャンルは問いません。エッセー、フィクション、ノンフィクション、ポエム、手紙など、自由に英文を構成してください。
ワード数はぴったり50語でなければいけないのでしょうか?
はい。ぴったり50語でなければご応募いただけません。ハイフンでつながっている単語は1語と数えます。ピリオドやカンマ、引用符はカウントしません。記号(& / + × ÷ = * # < > @)は使用できません。
俳句の季語のように、テーマの単語は必ず使用しなければいけないのでしょうか?
そんなことはありません。テーマの単語を使わずにそのテーマを表現することができれば使用する必要はありません。
最優秀作品はどのように選ばれるのでしょうか?
英語の文法やつづりの正確さなども考慮しつつ、内容のメッセージ性、作品としての出来映えを総合的に判断します。