ESSC

Extremely Short Story Competition

Extremely Short Story Competition (ESSC)とはなにか

Extremely Short Story(ESS)とは、英語で作成する、文字どおり、極めて短いお話です。極めて短いとは、具体的には英単語50語分の長さです。50語以内や50語程度ではなく、本文が50語ぴったりでなければいけないというルールがあります。自分の思いを書き述べるという自由な作業と、50語に収めなければならないという制限された作業のために、作者は工夫を凝らしながら、独創的な英作文を書くことができます。

Extremely Short Story Competition の誕生

ESSはアラブ首長国連邦で生まれました。ザイード大学の英語教授、ピーター・ハッサル先生(Peter Hassall)が考案し、2004年、学生を対象としてコンテストを開始しました。きっかけは、意見や気持ちを自由にことばで表現することが難しかったイスラムの女性たちに、英語で自由な思いを語る機会を与えたい、この活動を通じて英語を学び、使ってほしい、そして優秀な作品を表彰することにより作者の努力に敬意を表したいという思いでした。このコンテストは Extremely Short Story Competition (ESSC) と呼ばれ、参加者を増やしていきました。

image

ハッサル先生は、ESSCを次のように説明しています。

All you need to do is write anything you want to write about. You can write fiction (stories), non-fiction (facts) or even things that are “nuss u nuss.” Use the Word Count on your computer to check. Remember the title and author’s name are extra. There are 50 words here.

(書きたいことを何でも書けばいいのです。フィクション(寓話)でも、ノンフィクション(実話)でも、あるいはnuss u nuss(両方をまぜたもの、アラビア語で「半分ずつ」の意味)でもいいのです。コンピュータのワードカウントを使って語数チェックをしてください。タイトルと作者名は語数外であることをお忘れなく。以上、50語です。)

日本における Extremely Short Story Competitionの歴史

アラブ首長国連邦でExtremely Short Story Competition (ESSC)が始まってほどなく、当時、日本「アジア英語」学会(JAFAE)会長だった本協会の本名信行氏がこのコンテストを日本に紹介しました。英語を使う機会が少ない日本の英語学習者・既修者が書くことを通じて、英語を使い、学び、ほかの作品を読んで学びあうということの意義に共感した JAFAEの会員が、日本版ESSCを開始し、2006年度より2012年度まで、ESSCが国際的に開催されました。

JAFAE主催のESSCで表彰された作品はこちら。 >

そののち、The Japan Times ST も同じコンテストを実施し、学生や一般社会人からのユニークな作品が集まりました。

image

Extremely Short Story の魅力

50語の英作文を書くことにはいくつかのメリットがあります。

  1. 50語という短さゆえに、気負うことなく、手軽に取り組むことができます。
  2. 使うべき単語が指定、英訳するべき日本語が提示、模範とすべきモデル文の提示がまったくないので、自然な環境で自由度の高い英語ライティングの機会をもつことができます。
  3. 書く内容を熟慮し、表現を工夫しながら書き進め、50語ぴったりになるように、工夫と調整を重ねて作品は完成させる作業は、極めて創造的な学習です。
  4. 1日に一編、月に30編、つまり一か月1500語の英作文を書き続ければ、英語を書く習慣がつき、英語を書くことが徐々に苦痛でなくなるのを実感できます。

Extremely Short Story Competitionに参加してみよう


応募は締め切りました。間もなく応募作品を公開いたします。お楽しみに!